ネボー066



でもやっぱり無理がある。





嗚呼…ムーミン谷で暮らしたい。


でも冬がキツそうだからやっぱヤダ。

寒いの大嫌いだからね。

春夏限定で暮らしたい。

フローラを枕代わりにして眠りたい。

ミイを肩に乗せて戸愚呂兄弟のマネをしたい。

スナフキンと一緒に森でキノコを採ってムーミンに毒味させたい。


あ、ちなみにわたくし、
超にわかムーミンファンだからね。
 
以前の記事で、
ムーミン谷をムーミン村とか書いてたからね。


たまにムーミンを観て怖いとか言う人いるけど、

そんなの当たり前なんだよね。

だってこいつら人間じゃないもん。

カバとかカンガルーとか小人とか、
エルフみたいなやつとか…

つまり妖怪なんだよねきっと。

そりゃ怖いわって話。

でもどこか可愛げがあったり、
ミステリアスな魅力があったりで、
そこが人気の秘訣になってるんじゃないですかね。

このブログもそうじゃないですか。
ムーミンと同じじゃないですか。

どこか可愛げがあって、ミステリアスだけど…
 

ぜんぜん人気ないよね。



当然だよね。
 


キモいからだよね。




そんなこと分かってる…よね。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

昔描いたボツ漫画「指長牛」③

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

小出しでアップしてます。
前回の続きだよ。

最初から読みたい人は…
コチラをクリック!



指長牛-5


 指長牛-6

次回に続く… 


 



スポンサードリンク