↓前回の続きです。
nevor_113_midashi
▲画像クリックで前回に飛びます。



以下、後編。




家に入ってきた巨大な蛾と闘う人間の漫画
家に入ってきた巨大な蛾と闘う人間の漫画02
家に入ってきた巨大な蛾と闘う人間の漫画03


終劇


ゴキジェット臭え……




でも面倒くさいからそのまま寝た。

そして罪滅ぼしの意味も込めて…
あえてその布団に…



僕はサバイバーになりたいので、

バッタを捕まえて食う!!

などと豪語していますが、

たぶん今のままではきっと
食べることなんて不可能でしょう。


なぜならば、
本当に虫が嫌いだから。


でもいつか「いざ」という時代が
来るかもしれません。

そんな時に備えて、強く賢く生きる術を
修得しておかなければならないと思うのです。

そしてその知識を、
次なる世代の人類に受け渡していかなければ
ならないのです。

だから僕は昆虫を触ったり食べたりする教育は
大事だと思っています。

子供だけでなく、大人もね!!


だからもうこれ以上、
昆虫にビビり続けるのは終わりにしないか?


まずはバッタを焼いて食ってみないか?



と自分に言い聞かすのでした…

いい加減一皮剥けないとな…




↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
まずはこの人から助けましょう!早く村へ!
▲画像クリックで「村」へ行けます!







スポンサードリンク