糖質制限期間に食べるご飯が美味しすぎて泣ける



ネズミにとってはどうでもいい話なのです。

食い過ぎて太ったから痩せる!なんて、
動物からしたら理解しがたいものがあるでしょう。




毎日ご飯の量を減らして減らして…

お昼はサラダと高タンパクなものだけにして…


お腹グーグーの時に食べる「ご飯」が
最高に美味しく感じるのです…

ご飯の偉大さが分かる瞬間であります。

昔の人は白飯なんてなかなか食えなかったんだよなあ…

そう考えると本当に現代人は贅沢な生活してるんだなと思います。



キムチはなぜか最近ハマっていて、
エバラの「本技」という赤いパッケージのキムチが最高に美味しいです。

甘すぎず、辛すぎず、酸っぱすぎず…

絶妙なバランスが取れていて本当に美味しい。


発酵食品であるキムチと納豆の相性は抜群なので、
毎日夜はこいつらを食っているのです。

これに関しては毎日食っても飽きない…!

もう涎が出て来たよ……




↓  ↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
あっそ。桃。桃。桃!!!!!!

▲画像クリックで「村」へ
連れて行きましょう!





スポンサードリンク