映画館のイスの高さが微妙。脚の血流が悪くなって落ち着かない。映画に集中できない class=



映画館や劇場の足の落ち着かなさは異常。



ちなみに観た映画は
「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」です。




前後編の前編に当たります。

スティーブンキング原作です。
ピエロのオッサンに襲われる少年少女がピエロと闘い、
やがて大人になり、皆再開して再びピエロと闘うというホラー青春作品です。


スタンドバイミーとB級ホラー映画をミックスしたような感じですかね…。

原作の小説はもちろん、リメイク前の作品も観ております。

この作品は浦沢直樹の「20世紀少年」の元ネタでもあります。


昔はビデオ屋のホラーコーナーに行くと、
このピエロ顔のジャケットがどの店にも置かれていました。

また今日も誰にも借りられてねえやこのビデオ…
と何だか寂しい気持ちになっていたものです…。



ちなみに、日本ではなぜか
「it=それ」と直訳されておりますが、
「it=鬼ごっこの鬼」という意味らしいです。

アメリカの子供達が、鬼ごっこするときは、
「You are it.」(君が鬼だよ)
と表現するそうです。


なんと映画タイトルだけでなく、
翻訳された小説版でも「それ」と訳されていて
とんでもない誤訳をしているワケです。
これは恥ずかしい!


それはさておき、
映画館特有のあのズシンとした重低音で、
うわっ!!!とビビるシーンはいくつかありました。
驚いてビクッとなっているところを
他の客に見られてないかどうかの方がよっぽど恐かったです。

後編が公開したら観に行くか〜



あ、前々回の記事で、
「のどちんこが火傷して一週間入院した」
と書きましたが、
その前後の件を含め全てウソなので気にしないで下さい!
ネタで適当な駄文を書いただけなのです!

最後に「な〜んてね!うそだよ〜ん!!」
って書くのを忘れて投稿してしまったようなのです。

しょーもねえウソつきやがって…
ほんっと、とんでもねえサイコパス野郎だあ!!
このブログ運営者はよおぉぉぉ



↓  ↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
桃という名のエサをくれ!!!!

▲画像クリックで「村」へ
連れて行きましょう!





スポンサードリンク