【格安&楽チン】グリーンカレー豆腐が美味すぎた【ダイエット飯】

スポンサーリンク

グリーンカレー豆腐

そこは忖度して
「豆腐最高!」と言っとこうか!

 

 

グリーンカレー豆腐が美味すぎた

タイのカレーと日本の豆腐の邂逅!

今回ご紹介する「グリーンカレー豆腐」は、面倒くさがりな人におすすめするダイエットメニューです!

本格的なグリーンカレーが食べたい!という人よりも、手軽に、安く、早く食べたい!という人向きのカレーです。

以下、「グリーンカレー豆腐」の価格、栄養、ダイエット効果について述べます。(興味のない人は飛ばしましょう)

レシピ(写真付き)は最後に!

 

スポンサーリンク

「グリーンカレー豆腐」とは?

簡単にいうと、カレーライスのご飯の代わりに豆腐を使っている…というだけだね。

普通のカレーライスだと脂質と糖質が高くなってしまうので、脂質の低いグリーンカレーと、糖質の低い豆腐を使用したダイエット向きのカレーです。

「グリーンカレー豆腐」というメニューはボクが勝手につけた名称だけど、もしかしたらどこかのお店にあったりするかもしれません!

 

グリーンカレー豆腐は低コスト

  • いなばのタイカレー缶…100円くらい
  • 豆腐…100円くらい

二つ合わせてたったの200円。

自分の場合はさらにツナ缶も足すので、プラス100円で計300円になったりしますが。

それでもぜんぜん格安だね!

 

「チキンとタイカレー缶」と「木綿/絹豆腐」のカロリー

グリーンカレー

「チキンとタイカレー缶(グリーン)」

100gで167kcalです。

一缶125gなので、208kcalになります。

  • 「豆腐一丁」(約300g)
  • 木綿豆腐…216kcal
  • 絹豆腐…168kcal

木綿豆腐カレーなら424kcal

絹豆腐カレーならば376kcal

という計算になります!

 

ご飯(一膳160g)は269kcalなので、カレーライスにした場合は477kcalです。

ご飯の代わりに絹豆腐にすれば−100kcalになり、糖質も抑えられます!

 

「チキンとタイカレー(グリーン)」の原材料名と栄養素

●原材料
鶏肉、ココナッツミルク、グリーンカレーペースト(唐辛子、にんにく、レモングラス、ガランガル、食塩、シャロット、クミン、こぶみかんの皮)、大豆油、砂糖、唐辛子、食塩、バジル、こぶみかんの葉、増粘多糖類、クエン酸

●栄養素
100g当り たんぱく質9.1g、脂質12.2g、炭水化物5.2g、ナトリウム550mg(食塩相当量1.4g)

 

普通のカレーよりも脂質が低く、チキンも含まれているので高タンパクなカレーですね!

添加物もそんなに使われていないので、安心して食べることができそうです!

 

グリーンカレー豆腐のダイエット効果とメリット

グリーンカレーは痩せるのか?

結論を言うと、ダイエット効果はあります!

 

唐辛子に含まれるカプサイシンで脂肪燃焼

青唐辛子

グリーンカレーが緑色なのは、「青唐辛子」が使用されているからです。

唐辛子には「カプサイシン」という辛み成分が含まれています。

カプサイシンは体脂肪を燃焼する働きがあるので、グリーンカレー豆腐はダイエットに向いているということが分かるでしょう!

 

ココナッツミルクの中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)

ココナッツミルク

グリーンカレーにはココナッツミルクが含まれています。

このココナッツミルクには「中鎖脂肪酸」が含まれています。
(中鎖脂肪酸100%油をMCT(Medium Chain Triglyceride)という)

中鎖脂肪酸もカプサイシンと同様に脂肪燃焼効果があるので、合わせて二倍のダイエット効果が期待できるというワケだね!

 

クミンで腸内環境改善

クミン

グリーンカレーに含まれる「クミン」というスパイスは整腸作用があり、便秘などの腸内環境を改善してくれます。

便通が良くなれば、老廃物の排出やデトックス効果によって、どんどん痩せていくことでしょう!

 

ご飯の代わりに豆腐で低カロリーに!

豆腐

グリーンカレー豆腐はご飯を使わず、豆腐を使用するのでカロリーを抑えられます!

牛丼屋ではご飯の代わりにキャベツを使用した商品がありますが、腹持ちを考えたら豆腐の方がいいですね。

タンパク質も豊富なので、キャベツよりは豆腐の方がおすすめです!

っていうかキャベツも一緒に食べればいーじゃないか!

 

グリーンカレー豆腐のレシピ(写真つき)

「グリーンカレー豆腐」レシピのご紹介です。

大した手間はかかりません。

 

豆腐といなばのグリーンカレー

1.まず豆腐とカレー缶を用意します。

今回は「木綿豆腐」を使いました。

豆腐は賞味期限から2週間経っていたけど、たぶん大丈夫でしょ…。

 

湯煎

2.豆腐と缶を入れる前に、鍋の水だけを沸騰させます。

そして沸騰したら火を止めます。

そこへカレー缶を入れて湯煎します。豆腐もパッケージのまま入れます。

湯煎時間は「5分」でOKです。

(缶と豆腐を入れたまま沸騰させると、熱すぎて缶が持てなくなると思います)

 

豆腐水切り

3.5分後、カレー缶と豆腐を取り出したら、豆腐の水をキッチンペーパーで切りましょう。

しっかりと水を切らないと、カレーが水っぽくなってクソまずくなりますので注意。

豆腐がバッサバサになるまで水をきりましょう。

 

豆腐ほぐし

4.お椀に豆腐を入れ、ほぐしましょう。

ほぐし具合はお好みで。

 

ツナ缶と豆腐

5.今回は特別に「ノンオイルのツナ缶」を入れてみました。

これでタンパク質量が一気にアップするのでおすすめです。

ツナを加えたい時は、豆腐とカレー缶と一緒に湯煎しましょう。

(トッピングする際、ツナ缶の汁も一緒に入れてしまうとカレーがまずくなるので、かならず汁をよくきってから入れましょう)

 

グリーンカレー豆腐完成

6.グリーンカレーを上に乗せれば完成です。

高タンパクで低糖質「グリーンカレー豆腐」の完成です!

 

グリーンカレー豆腐実食

普通に美味そうでしょ?

さっそくいただきます。

 

モグモグ…

 

うん。

 

豆腐が水っぽくて味も食感もグチャグチャですわ。

 

 

豆腐とツナ缶の水分はしっかりきりましょう…。

上手に作れば普通に美味しいグリーンカレーになりますよ!

 

コメント

▼ご連絡はこちらから。お仕事募集中です。