【もしも自分がムーミン谷の住民だったら】

ムーミン谷 日記
スポンサーリンク

でもやっぱり無理がある。

嗚呼…ムーミン谷で暮らしたい。
でも冬がキツそうだからやっぱヤダ。
寒いの大嫌いだからね。
春夏限定で暮らしたい。
フローラを枕代わりにして眠りたい。
ミイを肩に乗せて戸愚呂兄弟のマネをしたい。
スナフキンと一緒に森でキノコを採ってムーミンに毒味させたい。
あ、ちなみにわたくし、
超にわかムーミンファンだからね。
以前の記事で、
ムーミン谷をムーミン村とか書いてたからね。
たまにムーミンを観て怖いとか言う人いるけど、
そんなの当たり前なんだよね。
だってこいつら人間じゃないもん。
カバとかカンガルーとか小人とか、
エルフみたいなやつとか…
つまり妖怪なんだよねきっと。
そりゃ怖いわって話。
でもどこか可愛げがあったり、
ミステリアスな魅力があったりで、
そこが人気の秘訣になってるんじゃないですかね。
このブログもそうじゃないですか。
ムーミンと同じじゃないですか。
どこか可愛げがあって、ミステリアスだけど…
ぜんぜん人気ないよね。
当然だよね。
キモいからだよね。
そんなこと分かってる…よね。

 

次回に続く…

 

コメント

  1. より:

    この主人公の指に自分の指が移動したのがわかったのかとてもミステリアスですね…

  2. ジューショク より:

    無職期間が長くなると発狂しそうになる。そんな時、牛の呪いにかかり…というお話です。
    あまり期待しないほうがいいと思います!!

▼ご連絡はこちらから。お仕事募集中です。