『トイレ瞑想』を始めて起きた5つの生活の変化とメリット【体験談】

トイレ瞑想のすすめ ライフハック
スポンサーリンク

トイレ瞑想を始めてから、トイレ掃除や部屋掃除などをする習慣が生まれました。掃除をする習慣がついてから運気までアップしたように思います!

便所教の信者になりました

 

 

『トイレ瞑想』を始めてから起きた5つの生活の変化とメリット

 

トイレで瞑想したことはありますか?

臭い、汚い、そんなところで瞑想はしたくない?

っていうか、部屋で普通に瞑想すればいいんじゃないの?

…まあそのお気持ちもわかります。

僕も最初はそんな考えを持ってトイレでの瞑想をはじめましたから。

しかし、トイレ瞑想をすることによって生まれた変化がございます。

トイレ瞑想を数週間続けて体験して起きた、5つの変化をご紹介します。

 

スポンサーリンク

トイレ瞑想で起きた5つの変化

トイレ瞑想を続けることで、ささいなことかもしれないけども生活に変化が起きます。

冒頭のマンガで伝えたことを、詳細をまじえてもう一度お話しましょう。

これを読んだあなたは数日後、トイレに向かって拝むようになっているかもしれません。

 

1.毎日トイレ掃除をするようになった

トイレは常にきれいにしておきたい…!

しかし僕のような「男の一人暮らし生活」を送っていると、どうにも汚れていってしまうもの。

掃除しなきゃ…掃除しなきゃ…と思いつつも行動に移せないでいました。

しかし、トイレ瞑想をするにあたって、汚れた空間で瞑想をしたいと思わないし、瞑想の質が下がると思うので、必然的に「トイレを掃除する」ようになったのです。

2.トイレの前を通ると良い匂いがする(線香の香り)

トイレの中はどんなに掃除をしていても、独特の匂いがありますよね。

芳香剤は使っていないんだけど、水っぽいというか、湿った匂いがするものです。

そこで僕は瞑想中に「線香」を焚くようにしました。

もともと、お寺の匂いが大好きだし、心が落ち着くんですよね。

トイレで線香を炊きながら瞑想をするようになってから、トイレの前から線香の良い匂いがプワ〜ンと漂うようになりました。

トイレ前を通るのが好きになったし(?)、トイレが神聖な場所のように感じはじめました。

高野山のお香

僕が愛用している線香は「高野山の白檀」です。質も量も最高でコスパよし!

 

3.トイレだけでなく部屋の掃除もするようになった

トイレの掃除、トイレの匂い改善…そんなことをしているうちに、「部屋もキレイにした方がいいんじゃね?」という気持ちが沸き起こってきました。

トイレ掃除が清潔な生活習慣を生み出したのです!

ちなみに僕はこのコードレスクリーナーを愛用して、掃除がもっと大好きになりました。▼

±0(プラスマイナスゼロ)のコードレス掃除機で人生変わった
掃除嫌いで面倒くさがりの自分が、±0(プラスマイナスゼロ)のコードレス掃除機を買って掃除ライフが一転しました。ワンルームなどで暮らしている人には是非ともオススメの一品です!

 

4.便器が神々しく感じ、拝むようになった

トイレや部屋がキレイになりトイレ瞑想を習慣的に続けていると、心までキレイに浄化されてきたような気がしました。

このきっかけは「トイレ」にあったのです。

地球上の生命が誕生したのは海だと言われていますが、僕の清潔な瞑想ライフが誕生した場所は「トイレ」だったのです。

つまりトイレは僕にとっての「神」のような存在になってきました。

瞑想だけでなく、トイレで用を足すときも、トイレに向かって拝んでからするようになりました。

だんだん話ががおかしな方向に向かってきましたが、僕の頭はまだ大丈夫です。たぶん。

5.どんどんヤバイやつになっていった→トイレの夢を見るようになった

冒頭のマンガでは語りませんでしたが、トイレ瞑想を続けているうちに「トイレが出てくる夢」が増えてきました。

トイレが出てくる夢【夢占い】

トイレが出てくる夢というのは…おしっこをしたい!時に見るものです。

しかし、尿意や便意を感じていないのに、なぜかトイレが出てくる夢を見ることがあります。

「トイレが出てくる夢」いったいどんな意味をもつのでしょう?

トイレの夢は「浄化」の現れ

トイレの夢を見るということは、「心身を浄化したい」という願望を示しているのです!

「ストレスや不満、未解決問題などを手放したい」という心理を反映しているそうです。

トイレや部屋を掃除し、瞑想で心を浄化する生活を送っているうちに、余計なわだかまりを全て排除したいという欲求が生まれたのかもしれません!

 

トイレ瞑想を行うメリット

部屋で行う瞑想との違いは「掃除するようになる」以外にもあります。

トイレ瞑想をするメリットについて。

トイレは瞑想を始めやすい

今まで瞑想というと、部屋の電気を消して、着替えて、座蒲を敷いたり、ヨガマットを敷いたり、何かしらワンアクションを置いてから始めていました。

僕の場合、瞑想を続けなくなってしまう原因はそこにありました。

なんか「面倒くさい」と感じてしまったんですね。

トイレだったら便器の上にそのままストンと座ってすぐに瞑想を始められます。

準備なしで即行動できるというのが楽ちんで、僕の性格に合っていたようです!

ただ、便座に座ると足の高さが不安定になりがちです。

そこは適宜調整を行いましょう。

トイレ内の狭い空間が瞑想の集中力を上げる

瞑想上級者の人ならば、どこでも瞑想ができると思います。

しかし僕のような瞑想初級者にとって、狭い空間で行う瞑想は集中力を上げる効果をもたらしてくれました。

電気を消して真っ暗で狭い空間で行うので、リラックスできて深い瞑想ができるようになったと思います。

 

「トイレ瞑想で起きた5つの変化とメリット」まとめ

  1. 毎日トイレ掃除をするようになった
  2. トイレの前を通ると良い匂いがする(線香の香り)
  3. 部屋の掃除もするようになった
  4. 便器が神々しく感じ、拝むようになった
  5. トイレの夢を見るようになった
  • 【メリット】瞑想を始めやすい
  • 【メリット】瞑想の集中力を上げる

 

トイレがキレイになると金運や全体的な流れが良くなる…

というのは本当の話だと思います。

トイレを常にピカピカにすることで、潜在意識に変化が起きて、考えや生活が変わってくるそうです。

最近パッとしないな〜とか、ついてないな〜という時はトイレをピカピカにして、トイレ瞑想を始めましょう!

コメント

▼ご連絡はこちらから。お仕事募集中です。